宿利原卓 旅リッチ倶楽部

宿利原卓さんのブログ「世界を旅することを仕事にしました。 宿利原卓」です。最新記事は「全部戦略をする人が成功する!」です。

海外投資を考えるきっかけになる本タイトルは「手取り18万円からの」となっているが、投資経験者でも十分参考になる内容となっている。 内容は非常に客観的・現実的に書かれており、よくあるような数万円から○○年で1億円というような内容の本とは一線を画している。

タイトルは「手取り18万円からの」となっているが、投資経験者でも十分参考になる内容となっている。
内容は非常に客観的・現実的に書かれており、よくあるような数万円から○○年で1億円というような内容の本とは一線を画している。

冒頭で書かれているように、日本の今後の経済や国の借金のレベルを考えた場合、長期投資を考える日本人は最初からアドバイスに従って海外投資を取り入れていく必要があるというのがこの本の一貫した方針になっている。
したがって、特に参考になったのは2章以降で説明されている海外投資に関する提案であり、著者が事業としてアドバイスをされているファイナンシャルプランニングの経験に基づく内容に加えて、実際に自身で投資したと思われる経験に基づいて書かれている点が非常に説得力がある。
他の初心者向けの本ではあまり取り上げられていない海外の学資積立プランやランドバンキングも説得力あるデータとともに紹介されている点もさっそく自分の投資に取り入れてみたいと思わせる内容であった。

5,6章は海外不動産やプライベートバンクの事例も掲載されており、現地視察後にすぐ買わないようにする、海外の不動産は家賃収入(インカムゲイン)が期待できないため出口戦略を慎重に考えて投資する必要がある等、コンパクトながらも著者の経験も踏まえた参考になる内容となっている。

この本は、手取り18万円の読者ターゲットに対して、口座開設等に若干のハードルがある海外投資を薦めているものの、その点に関するハウツーが詳細には記載されていないため、著者も本文で薦めているように、ブログなどの他のソースを参考する必要もある。投資初心者がこの本だけでアクションを取ることに対するハードルが若干高い可能性があるものの、その程度の勉強を怠っていては投資の成功はおぼつかないのかもしれない。

全体として、この本への投資に対して、十二分のリターンが得られる充実した内容となっているので星5つにしました。