宿利原卓 旅リッチ倶楽部

宿利原卓さんのブログ「世界を旅することを仕事にしました。 宿利原卓」です。最新記事は「全部戦略をする人が成功する!」です。

宿利原卓 ミャンマー経済報告会

1/30(木)セミナー19:30〜21:30 懇親会21:30〜23:30
ミャンマー経済報告会】六本木 500円
https://www.facebook.com/events/595541423850429/

-------------
海外投資アドバイザー
宿利原卓です。

今回はアジア最後のフロンティアと呼ばれる
ミャンマーの視察報告会となります。

世界三大投資家の一人、ジム・ロジャースはこのように言っています。
ダイヤモンド社インタビューより抜粋)

新興国に投資する際に必要な条件はありますか?

新興国投資で成功するには、まずその国が原油
もしくは金、鉛などの鉱物か、肥沃な土地に恵まれた資源国であること、
そして安価な若い労働力があることが重要な条件です。

そして、投資のタイミングとしては
社会主義から資本主義に移り変わる
時期の国が投資対象として最高のタイミングですね。

―例えば、どの国ですか?

例えば、ミャンマーですね。

数年前から民主化の動きが見えていたので
注目してきましたが、
最近、私はミャンマーに投資を始めました。

今まで軍に支配されていた資源や市場が
民間に開放される方向に向かっています。

これは言わば1978年、経済開放に向かった頃の
中国のような大チャンスなのです。

イギリスに支配されていた頃、
当時ビルマと呼ばれていたのですが、
ビルマはアジアで最も豊かな国で、
日本や韓国よりも豊かだったのです。

それが、1962年に軍事政権によるクーデターが起こって、
社会主義国家になってからは
あっという間に貧しい国になってしまいました。

あれから50年が経ってようやく
軍事支配から解放されたのです。

これは、大チャンスです。

ミャンマー原油や鉱物などの資源が豊かで、
7000万人の人口、教育を受けた労働者、
安価で規律正しい労働者がたくさんいますので、
新興国としての投資条件を満たしていますし、
更に社会主義から資本主義に向かう
『変化』が始まったという意味でもベストタイミングです。

それに加えて、近隣にはタイや中国などの
経済的に豊かな新興国もあるので
経済活動の拡張もしやすいでしょう。

(以下略)

そんな大物投資家も注目しているミャンマー

今回の報告会ではミャンマーについての基本情報や
投資案件などを共有したいと思います。

密度の濃い時間を共有したいので参加人数は限定15名です。

会場では私の大切な友人の交流の場にもしたいので
お名刺をお持ちくださいね。

         - 記 -

日 時 : 1月30日(木)19:30~21:30(19:00開場)

(内 容)

第1部 「ミャンマー基本情報」講師 宿利原 卓

第2部 「ミャンマー投資情報」講師 鶴谷 信直

会 場 : 東京都港区六本木(詳細は お申込み後に別途ご案内致します)

参加費 : 500円 (当日受付にてお支払いください)

【主な内容】

宿利原卓講師
・なぜ今ミャンマーが注目されるのか?
・主要エリアで土地代金がここ数年で7~8倍に。
・ホテル従業員給与1万円なのに宿泊代1泊1万円!
・敬虔な仏教国・ミャンマー人の素顔
・今年度成立が予想されるコンドミニアム
ミャンマーでワイナリー!?

■鶴谷 信直講師
・成長が期待できるミャンマーにおいて投資できる案件
・現地視察セミナーのご案内

※ 本案内のセミナーにおいて、勧誘を行う場合がございます。 
  あらかじめご了承ください。

※参加者はメルマガ『宿利原卓の海外分散投資最新情報』に登録させていただきます。
 登録解除は自由です。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=yadorihara

自動代替テキストはありません。